カエルとイグアナとオタク

創作活動、ペットの飼育、コレクションのことなどを書いていきたいです

コラム番外編「就職活動記録」

今回は趣を変えて自身の就職活動をまとめてみたいと思います。これから就活する人、就活中の人に参考にしてもらえればと思います。

f:id:kaerudx:20161027170958j:image

 

筆者は関西の田舎のとある芸術系短期大学に通っています。専攻はデジタルアート。webの構築や3DCGを学んでいます。一回生のころからかなり就職意欲が高かったため、我ながら熱心に就職系ガイダンスに通っていました。なぜ就職意欲が高かったというと、単純に経済事情が厳しかったからです(奨学金もかなり借りてます)。

 

芸術系ならではの就活武器、作品集「ポートフォリオ」は一回生の終わり頃にはプロトタイプが完成していました。

 

さて、3月から就活が解禁されさっそく2つの大手リクルートサイトでプレエントリーにのりだしました。とりあえずイラストを描くのが好きなのでゲームのグラフィッカー志望でゲーム会社を志望。地元企業から関東企業まで挑戦しました。ほとんど無残にも一次専攻で落ちましたが、関東のとある会社(宇宙人をピコピコやっつけるゲームでお馴染み)は順調に進みました。書類、グループディスカッション、作品審査と進みましたが最終の面接試験で残念ながら不採用。敗因は面接で「情熱」を持って挑めなかったからと考えていますが実際のところわかりません。さらに筆者は教職課程を履修しているのでこのタイミングで中学校に三週間の実習に行かなければなりませんでした。実習までに決めておきたかったですが実力不足、実習に専念しました。

 

実習が明け、体力も熱意も削がれきっています。重い気持ちですがまた就活に乗り込みます。同じようにゲーム会社が中心です。某プライズ会社は専攻が進んだもののこちらの都合で途中辞退。とても上手く行ってるとは言えません。また、介護や養護学校での実習も控えていて、この時点では正直諦めモードでした。一応4年制の大学への内部推薦は取っていたのですが、そこに行けば追加奨学金の借金地獄。暗い気分の日が続ました。

 

この時点でプレエントリー51社

実際に選考に入ったのが16社です。

 

ポートフォリオも色んな意見を貰いましたが結局迷走していたように思えます。

 

現時刻の1ヶ月とちょっと前、台風が猛威をふるっていた時期、趣味の熱帯魚飼育の情報を収集していました。すると自分もよく知っているとあるアクアリウム関連の会社の新卒採用のページを見つけました。商品企画やデザイン、生体の飼育業務など、魅力的です。絵を描く=ゲームやアニメ業界 といったある種偏った考えに囚われていた筆者は方向を変えエントリーしてみました。一次:書類審査、二次:小論文、面接、実務試験といった流れでした。書類は徹夜で徹底的に添削を繰り返し仕上げたおかげか、一次は難なく通過しました。問題は二次、関東の企業なので数回目の遠征です。正直「落ちたらこの旅費もまた無駄になる」と新幹線で考えたりしていましたがTwitterなどで気を逸らします。

 

いざ会社につくとそこはパラダイスでした。特に様々な種の水草やカエルには心が躍りました。おそらくこの楽しい気分でいい方向に向いたのでしょう。無事、内定を頂きました。(日々のアルバイトでの知識が大活躍したのも大きかったです。)

 

4年生への編入とどっちを取るかは正直悩みました。が、学生生活というイマイチ生産性の無い日々にうんざりしていましたし、もう片道2時間以上かかる通学は懲り懲りです(そういう時間を使ってこのような記事を書いたりTwitterをしているのですが)。ちなみにかなりの奨学金を借りていましたが、学業が認められ途中から無利子になり、さらに授業料の一部が免除されたので借金はかなり緩和されました。

 

こうして就活が終わったわけですが、これを通して色んな人々と交流が生まれましたし、人間的にも成長したように思えなくも無いです。まず大事なのは決して「諦めない」こと。根性論ですが、人生そう楽でもないですよね。後は「チャンスを探す」こと。チャンスは転がってくるものではないですし、案外近いところにあるものです(自分がそうでした)。

 

なかなかうまくまとめられませんが、ザックリこのような流れでした。

 

というわけで春から地方をドドンとまたいでの引越しをしなければならないのですが、ペットたちをどう移すか、そもそも早く家を見つけなければならなかったりと、なかなか立て込んできました。新たな土地での新たなスタート。期待半分不安半分です。見守ってくれたらなと思います。

f:id:kaerudx:20161027170934j:image